読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツ香港雑記

2016年9月から香港中文大学に交換留学している大学生の日記

初の英語面接、玉砕の巻

初授業。9:30からだがもうヘロヘロで教室へ。授業はいくら面白そうでもやはり疲れる。キッコーマンをキ↑ッコーメェンと言われて一瞬何かわからなかった。

その後インターンの面接へ。予想通り英語だったのだが、英語以外にも自分の能力のなさから何からメンタルに大ダメージを喰らう。伝われ…と念じて言葉を紡いだが絶望し、辛気臭い顔を晒しながらスーツでセントラルを歩く…職につける気がしない…日本に帰るまであと半年、何か身につけないと…そのためにはインターン…と無限ループ。なけなしの学歴を除いた自分に何が残るのかを考えだすと非常に辛い。自分の人柄や有能さが仮にあるとして、それをどう証明するのか。日本企業就活のあれこれって言葉の綾みたいなところが大きい気がする。アピール力というのか、一つのことでも求められている切り口でその都度切り出し、完結具体的に伝えるということ。切り口上手になろう。

ともかく今回はベンチャーだったので日本の典型的就活とは全く異なり即戦力重視だろうし、あまり深く捉えないでいこうと言い聞かせた。

今は先輩が留学先から帰りたくないと言っていたのが本当によくわかる。土地や友人が好きというポジティブな理由もあるだろうが、日本という現実が重すぎる…

centralのエスカレーター添いにあるカフェcupping roomで手早くモカとアーモンドクロワッサンをとる。おいしいパンは久しぶり…

f:id:gurahk:20170119022502j:plain

一息ついたところで商工会に移動しお手伝い。香港の食生活と日本企業の関わりで興味深かった。