読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツ香港雑記

2016年9月から香港中文大学に交換留学している大学生の日記

たまの贅沢を許してマッマ

念願のブッフェへ!旺角のランガムプレイス隣にあるホテルのThe placeというところ。ネットの割引を利用して270ドルと、しっかりしたブッフェにしてはお得だ。

f:id:gurahk:20161114183104j:plain

普段食べられないようなハム、チーズ、寿司、スープそしてスイーツなどなどたくさんある。

f:id:gurahk:20161114183127j:plainf:id:gurahk:20161114183147j:plainf:id:gurahk:20161114183215j:plain

興奮のあまり手ブレ。

なかでもわたしが発狂しそうになったのは生牡蠣。

f:id:gurahk:20161114183327j:plain

牡蠣アディクションなので食べまくった。とてもおいしかったし、ホテルなので質も安心だ。牡蠣の列に並ぶひとはみんな一皿に6こ7ことっていくので、おぬしも同志よのぅ、とニヤけた。

刺身を切ってくれるブースがとても人気だった。

デザートはケーキがかわいくて感動。

f:id:gurahk:20161114183414j:plain

日本だとムースやフルーツが多いと思うが、ここではケーキのほかにアップルクランブルやワッフル、アイス、マカロンなど豊富に揃っている。

食べたもの一覧。

f:id:gurahk:20161114183436j:plainf:id:gurahk:20161114183449j:plainf:id:gurahk:20161114183508j:plainf:id:gurahk:20161114183522j:plain

結構なデブだということが察せられる。

でも隣の席は、椅子の脚が折れそうな女の人に延々食べ物を運んでくる男の人という構図だった。香港の女性は強い。

途中でお手洗いを探すも、ホテルなのになぜか3つ下の階にしかないという。そのうえ行ってみたら個室が1つしかない。ともかく休憩して、少し食べて、ギブアップ。

食べ終わった直後はお腹が苦しく、楽しいはずの行為をこんな苦行にしてしまう人間の浅はかさと欲望に思いを馳せていたが、今となってはもう食べ物の匂いに反応している。生き物って単純だ。

最近急激に寒くなっているので、服を買い込んだ。大学のほうは山なので海側の九龍や香港島に比べると格段に寒い。11月11日は日本ではポッキー&プリッツの日だが、中華圏では独り身の日なので、シングルセールをしている。その店内でクリスマスソングをかける鬼畜っぷりだ。

そして香港では昨日公開された「怒り」を見に旺角の西洋菜南街にあるブロードウェイシネマへ。

f:id:gurahk:20161114183740j:plain

目当ては妻夫木聡リーマンと綾野剛の絡みだ。その2人に関しては十分すぎた。

死亡筆記(デスノート)や深夜食堂のポスターも。日本では驚くほど地味だが、中華圏では深夜食堂はとても人気があるらしい。本土から日本にきている知り合いも深夜食堂が大好きだ。

君の名は公開日だったので劇場の前に若者の列ができたいた。

以前日本好きな友人に教えてもらった洋服店の入ったショッピングモール「新之城」へ。ローカル感満載のビルだ。タイのモールと同じようなもの。

f:id:gurahk:20161114183805j:plain

置いてあるものは日本的、渋谷の109のようなファッション、今ならニットとミニスカートなどでどの店も同じようなものなのだが、来ている客は誰1人そういったファッションをしていない。ほとんどが黒パンツにスニーカーで、スカートの人すらほとんどいない。謎である。

あと不思議なのが、下着屋がタイツなども売っているが、下着は吊し、タイツはセクシーな模様入りやレース付きで、特にローカル感満載なのだ。

中の食べ物屋はとても混んでいて、日式だらけだった。もちろん違うんだけど。